t
f

街フォント

街の風景から文字を集めて、その街の書体を作るプロジェクト。

東京の風景は看板によってできているといっても良いほど、看板が多い。
普段なにげなく歩いている街の文字は、無意識にその街の風景となっている。
その風景としての文字を切り取り、採取する。
街ごとに集めたアルファベットと50音の文字からブックとPCのフォントをつくる。

文字は、店名などの意味から切り離され、ひとつのカタチとなる。
このブックを眺めていると、なじみのある街なのに見たことはあるが思い出せない文字がたまにある。
記憶の中の街を歩いて、文字のある場所を思い出そうとすると、
その文字にまとわりついている匂いや音のような環境が思い浮かんでくる。
街は断片となり、意味が漂白されることで、街そのものの体験をシミュレートすることができるのだ。

*各フォントの上端にはその文字の位置情報/緯度経度が記されている。

Tokyo’s landscape is made up of signs, we can say. The letters and characters we see while we walk in the city,
is deeply embedded in our minds. We cut off the letters, and collect it.
We turn the each city’s collected alphabet and Katakana into font for book and PC.
The letters will be detached from the meanings of original store names etc, and becomes a form by itself.
When we read the book, even if the letter is taken from the city we went,
sometimes there are letters from which we can’t remember the store name.
When we walk the city inside our memory, and when we try to remember where the letter was,
we remember the environment such as smell and sound that are attached to the letter.
The city turns into pieces, and meanings are bleached, thus we can simulate the experience of the city itself.

Download↓
http://mi-ri.com/font/



Related page:
2008/05/01


mi-ri meter

project
news
about
contact
architecture artificial nature bicycle community diy fieldwork flatness markup public space temporary urbaning でいいじゃん ばらまく 公共空間 内と外 分散的建築 切り取り 地域 既製品 街のリビング 都市でゲーム
2008/05/01
font

街フォント

© 2017 mi-ri meter
Powered by WordPress with "tanzaku" WordPress theme by TRIPLESHIPS.Inc