t
f

ひらひらハウス

読み聞かせのための仮設空間。
子どもの頃シーツをかぶって遊んだように
大きなシーツの4角を人が支えるというシンプルなかたち。
ひらひらとした布がどこからかやってきて一瞬で覆われ、また去ってゆくという、
構造が「人」だからこそできる演出を加えた。

More photos and videos on Flickr
https://www.flickr.com/photos/urbaning/sets/72157623122450903/



Related page:
2008/05/04


mi-ri meter

project
news
about
contact
architecture artificial nature bicycle community diy fieldwork flatness markup public space temporary urbaning でいいじゃん ばらまく 公共空間 内と外 分散的建築 切り取り 地域 既製品 街のリビング 都市でゲーム
2008/05/04

ひらひらハウス

© 2017 mi-ri meter
Powered by WordPress with "tanzaku" WordPress theme by TRIPLESHIPS.Inc